ongakusato | 証して説くなら求めるモノを作る模索修練を研鑽という。
少ない手数で求めるモノを作れることを熟練するという。
現代社会でいわれる才能、潜在能力はそれらを生み出すの小さな因果の土台でしかない。


才は研鑽熟練と結びついてようやく財となる。
才を苗床に研鑽し、熟練し、天命と縁によってようやく道に至るのだ。
道を踏みしめ初めて生を得て、再び研鑽して初めて一歩を踏み出す。
そして苗床は才ばかりではない、縁そのものが苗床として道たらしめることがある。
才能などはどうでも良い。縁と研鑽熟練を持って財と成すのが本道ではないか。
研鑽させる良縁こそが、たたえられるべきものだ。


Tagged with →  
Share →

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。